MENU

Q1  初めてだけど 大丈夫?

A 
大丈夫です。
誰でも、体験できます。
誰にでも同じように過去の記憶があります。
みんな、一つだけの過去世では無く、いくつもの命を経て、今のあなたがあるのです。
もしも、体験することやセラピーに対して不安があるのなら
『不安』に思う部分に注目します。
その部分には必ず感情があります。
その感情を探ることが、過去の記憶への第一歩となり、ちゃんと過去世体験できるようになります。

 

 

 

Q2  誰が見てくれるの?

A 
占いや霊視、リーディングなどとは違い、誰かが見てくれるわけではありません。
全部クライアントさん自身が感じていきます。
あなたが体験していくのです。
私は過去へ誘導し、その体験を進めていくお手伝いをしていきます。
自分での体験は、今までとは違う、新しい感覚を知ることになるでしょう。

 

 

Q3  なぜヒーリングで改善するの?

A 
前世を体験するとか、インナーチャイルドに会うとか、それだけではセラピーする意味がありません。
まして、マイナスな記憶をプラスに書き換える、すなわちプラスに思い込ませるのでは
何かの拍子にそのメッキがはげる可能性があります。
セラピールームはなではそこで体験したもの、それを自分からのメッセージとして受け取り
前世や、現世での過去インナーチャイルドの部分の、その当時の心の傷を癒してあげるという
セラピーを行なっています。
過去を体験することで、一生懸命メッセージを送っていた存在に気付くことができます。
それは現在の自分にメッセージを、送り続ける必要がなくなるということです。。
光の言葉セラピーを使い、今世に持ち込んだマイナスな感情や不都合を取り除くことで
現在の自分の感じ方や考えからが変わるということに繋がります。

 

それが、ヒーリングでの改善です。

 

 

Q4  何度も受けなければダメ?

A そんなことはありません。。
一度のセッションで、注目して退行のキーワードとした感情は
解決されます。
コースでのセッションや、連続セラピーをお勧めすることはありません。
何回受けなきゃダメですなど、強要しません。

 

 

Q5  これって占い?

A 
違います。
セラピーは、私が答えるのではなく、クライアントさん自身が体験していきます。
見えたり、聞こえたり、匂ったり…。
クライアントさん自身が気付いていくっというプロセスが一番大事であり、
その素晴らしい体験を運んでくれるのは
他でもないあなたの記憶なのです。
第三者から教えられる【占い】とは違い、
自分の体で感じ、自分の言葉に表現していく事で本来の自分の素晴らしさに気が付くことでしょう。

 

 

Q6  一人では不安・・・。友だちと一緒でも大丈夫?

A 
基本的に対面セッションはおひとりづつになります。
細かい体験のほりさげをしていくためには、じっくりと時間をかけたいものです。
どうしても・・・という方はお二人一組ペア☆ヒーリングをどうぞ。

 

 

Q7  私ではなく 別の人に受けてもらいたいんだけど 受けてくれなそう。

A 
誰かに受けてもらいたいという場合、そう思うあなたの部分に注目していったほうが効果的です。
本人が受けようとしたときでないと、セッションを組めない可能性が高いです。
『誰かに受けてもらいたい』って気持ちに注目して、セラピーを受けてみることも良いし、
情報として、『セラピーってものがあるよ』ってことを教えてあげるのはいいかもしれません。

 

 

 

Q8  精神科に通っているんだけど 大丈夫?


 重度の精神病である場合…。
セッションをお断りする場合がありますが、
お医者様の許可を得られる場合はお受けすることが出来ます。

 

 

Q9  子供に受けさせたい。

A 
お子様が、会話が出来れば、大丈夫です。
光の言葉セラピーで、セラピー体験できます。
子供だけではちょっと不安・・・というお母様には、ペア☆ヒーリングをお勧めします。
これからの子供たちの中に、インナーチャイルドの存在を作り出さないよう、
周りがお勉強してあげるってことも、必要ですよね。

 

 

Q10 途中やめたくなったらどうするの?

A 
体験が、リアルすぎて耐えられないというクライアントさんも居ます。
そんな場合、少し上から体験するとか、映画のように客観的に体験するなど
体験を続けていく手法は沢山あります。
しかし、どうしてももう止めたいといった場合、それにはそう感じる理由があるはずなのです。
そのまま、体験を止めるのではなく、なぜ止めたいのかに注目するほうが価値のある流れかもしれませんね。
体験をしながら、私は常に隣にいますので安心していただき
セッションを勧めていきます。

 

 

Q11 苦しいとか、怖いとかありませんか?

A 
大丈夫です。
常に私は隣に居ます。異変を感じたり、体験中、何か不都合が起こった場合、
クライアントさんがリラックスして、集中できる環境作りはセラピストの責任です。
苦しい、怖いなど我慢せずに伝えてください。
一番あなたにあった方法で、セッションを続けていきます。

 

 

Q12 前世療法とインナーチャイルドの違いが分かりません。

A 
前世と言うのは、今のあなたとして命を授かる前の転生での出来事です。
前世は一つではありませんし、人間だけではありません。
動物や虫、鳥の場合もありますし、魂が形になっていない場合もあります。
そして、インナーチャイルドと言うのは、現在の命になった時から、【今】以前のこととなります。
子供の頃だけではありません。大人になってからの分離も、インナーチャイルドと呼ばれます。
まだ生まれる前、胎児の場合もあるんです。
前世もインナーチャイルドも、同じエネルギーを持っている場合
同じような感情が引き起こされることは珍しくありません。
なぜなら、前世の感情が現世のあなたに同じ感情を引き起こしそれがインナーチャイルドになるからです。、

 

 

 

Q14 亡くなった人に会えると言う事ですか?

A
はい。お答えします。
亡くなった人に会えるというのは、実際その人を呼んでお話しましょうというわけではありません。
なぜその人に会いたいと思うのか?そう感じる部分に注目していきます。
そして、不必要な悲しみや苦しみなどの感情であった場合、感情を光に解放していきます。
それにより、あなたの状態は今とは違う方向に行く可能性があります。
その人とあなたの心のつながりを紐解くことで、深い縁でつながっていることに気付き
故人との出会いと別れの意味を理解することが出来るでしょう。
前世のつながりがわかるかもしれません。
今、亡くなった人に会いたいと思うその気持ちはなぜあなたの中にあるのか・・・。
そこに注目してみましょう。

 

 

Q15 亡くなった人の供養はお願いできますか?

一般に成仏とは仏教用語になります。
しかし、セラピーではそのような表現は使われません。
宗教ではないので。
あくまでもセラピーというのは、記憶の中にある感情や感覚へのヒーリングになります。
なので、『このように仏様が言っていますよ。』『供養はこのようにしてください』など、
一切ありません。

 

 

Q16 普通はどのように体験できるのですか?

セラピーには『普通』という基準がありません。
人それぞれ感じ方も、セラピーの進み方も違うのです。
Q2でも説明していますが、体験そのものが自分自身で進めていくものなのです。
他の人が見るわけでも、感じるわけでもなく
皆が同じように映画みたいに見えてくるわけでもありません。
感じる人もあれば、見える人も居る。
自分の体験は自分にとって『普通』でも、他の人から見たら『普通』ではないのです。

 

 

Q17 ヒプノセラピーとは違うのですか?

A
当セラピールームの退行療法では、一つの問題に対してエネルギーをその場で解決していきます。
過去の記憶にネガティブなものを持っていた場合、その記憶を体験し、
本当に望んでいたことや人生を振り返って決意したことを
改めて認めてあげるのです。
そして、現在にネガティブなエネルギーを持ち込んでいたら光の言葉セラピーでヒーリングしていきます。
マイナスイメージの記憶をプラスイメージに書き換えるヒプノセラピーとは違います。

このページの先頭へ
中性脂肪増殖